ホルモンの分泌が減少

婦人

中年期の女性の心身の不調は更年期障害であることも多いですが、症状にも個人差があり、ほとんど変化のない人もあれば、日常生活にも影響が出てしまうこともあります。食生活や生活習慣の改善などはもちろん、かなりつらい場合は医療機関での治療も検討してみましょう。

もっと見る

気になる「更年期障害」

ハートを持つ人

40代を過ぎると更年期障害が気になる年代ですよね。更年期とは閉経前後の45〜55歳前後のことを表します。女性ホルモンの分泌量が減ることにより心身に様々な不調をもたらします。場合によっては、更年期の症状がきっかけでうつ状態になってしまうこともありますので、ツライ場合は適切な治療を受けることが大切です。

もっと見る

問診と内診

病院

更年期障害にはさまざまな症状があります。自分でその症状について理解をしておく必要がありますが、おかしいと感じたときにはできるだけ早目に医師に相談するようにしましょう。症状のチェックは問診と内診から行われますが、包み隠さず確実に伝える必要があります。

もっと見る

更年期障害の症状とは

診断

更年期障害の正しい治療法

更年期障害は、閉経前後の女性に症状が強く出やすいことが知られており、症状の現れ方にも個人差が大きいことが特徴です。特に、めまいや頭痛、吐き気、のぼせなどの代表的な症状の他にも、各自の体質によって不定愁訴が起こることがあるため、早期に婦人科の医師による診断を受けることが大切です。更年期障害の治療法の選び方にこだわるうえで、ホルモン補充療法などの安全性の高い方法のメリットをすぐさま理解することがおすすめです。特に、40代以降の女性は、ホルモンバランスが乱れがちな人が多くいますが、それぞれの体質や生活習慣などに応じて、更年期障害の対策を立てることがおすすめです。更年期障害の治療効果に関しては、それぞれの治療法の種類によって大きな違いが出ることがありますが、治療実績の豊富なクリニックに通い続けることで、専門性の高い医師とコンタクトを取ることが肝心です。更年期障害の症状は、体調の変化や季節の変わり目などの影響を受けやすいことがありますが、体調管理を適切に行ううえで、ためらわずに医療関係者からアドバイスを受けましょう。更年期障害の症状を根本的に解消するには、数年以上の期間がかかることも少なくありませんが、気分転換をしたり休息を取ったりすることで、うまく症状を付き合うことも必要となります。その他、かかりつけのクリニックにおいて、ホルモン値などを継続的に計測しておくことで、症状をうまくコントロールすることがポイントとなります。

Copyright © 2017 更年期障害の症状を押さえておこう|闘う女性へ All Rights Reserved.