ホルモンの分泌が減少

婦人

精神面にも変化がある

中年期の女性の代表的な不調に更年期障害があげられます。更年期障害は閉経前後の女性に発生するもので、この時期は卵巣機能も低下し、女性ホルモンの分泌も減少し、ホルモンバランスが悪くなり様々な身体的な不調、精神面の変化が現れます。更年期障害も個人差があり、ほとんど変化がないという人もあれば、かなりつらい症状に悩まされる人もあります。代表的な症状のひとつにホットフラッシュがあります。これは自律神経の乱れで発汗のコントロールがうまくいかなくなることで起こります。首から上が急に熱くなる、顔がほてる、大量の発汗などが代表的な症状です。このほかでは、めまいやふらつき、倦怠感などを感じる人もありますし、太りやすくなる、髪が細く薄くなるなどの変化が現れることもあります。精神的な症状としては、不安、うつ、イライラなどがあります。また意欲の低下や物忘れ、睡眠障害などがありますし、月経異常、不正出血なども起きやすくなります。更年期障害の症状の改善には休息をしっかり取る、ストレスを溜めない、栄養をしっかり摂るなどもあげられますが、症状がつらい場合は医療機関に相談することも考えてみましょう。更年期障害は卵巣の機能の低下によるエストロゲンの減少があげられますので、治療としてはホルモン補充療法が行われることが一般的です。さらに漢方薬が処方されたり、低用量ピルでホルモンバランスを整える治療が行われることもあります。症状により合う治療方法は違いがありますので、まずは診察を受け最適な治療を選んでいきましょう。

Copyright © 2017 更年期障害の症状を押さえておこう|闘う女性へ All Rights Reserved.