気になる「更年期障害」

ハートを持つ人

つらいときには我慢は厳禁

アラフォー、アラフィフの女性が集まると「更年期障害」について話題に上がることが増えてきますよね。でも、更年期障害という言葉は知っているけれど、具体的にどんな症状が表れるのか実はよく知らない、そんな方も多いのではないでしょうか。ここでは気になる更年期障害について簡単にまとめていきたいとおもいます。そもそも「更年期」とは、具体的にいつのことを意味するのでしょう。答えは、閉経前後の45〜55歳の間の約10年間のことを表しています。この時期は、閉経に伴って女性ホルモンの分泌量が急激に減少する時期です。女性ホルモンが減少することにより、体や心に様々な不調をもたらします。これを更年期障害と呼んでいます。よくある症状としては、イライラや不眠、のぼせやほてり、腰痛など、心身ともに影響を受けてしまうので、症状が重い方は更年期をきっかけにうつ状態になってしまうこともあります。更年期症状のつらさは、本人や経験者にしかなかなか理解してもらえないという現実もあり、仕事や家事をなかなか休めないという方も多いようです。でも、更年期症状誰にでも起こることだから我慢しなくては・・・と頑張り過ぎる必要はありません。つらい時は病院で相談や治療を受けることが大切です。ホルモンの投与や、漢方薬の服用など、症状にあった対処をすることが大切です。一人で悩まずに、周りに相談し理解を得ることが改善の第一歩です。同世代のお友達同士で情報を交換するのもオススメですよ。

Copyright © 2017 更年期障害の症状を押さえておこう|闘う女性へ All Rights Reserved.